MENU

Archive

アーカイブ

10y ダッジ チャレンジャー エアバックのリコール作業⁉

今日は、先日ご納車させていただきました

10y ダッジ チャレンジャーの納車整備のリコール対策作業をご紹介をさせていただきます。

スペースファクトリーでは納車整備の際、車体の整備はもちろんしっかりと行いますが

本国で出されているリコール作業もしっかりと行いご納車させていただきます

ちなみに本国ではリコールとして届けられていても並行輸入車の場合は 国土交通省からリコールとしての発表はありません…

現車にはドライバー&パッセンジャーのエアバックに関するリコールが出ていました。

そうです、あのタカタ製のエアバックの件です。

長い期間、湿度や湿気にさらされた場合インフレーターが異常破裂の危険性があるとの事

作業内容としては各エアバックインフレーターの交換作業となります。

 

先ずはドライバー側から!

ハンドル中央のホーンパッドを外し、内側に組み込まれているインフレーターASSYを対策部品へと組み換えを行います。

対策品は一目で分かるようにラベルとカプラー差し込み位置が変更されていますね。

次はパッセンジャーサイドのインフレーターの交換を!

グローブボックスを外して覗けば見える位置にあるのでサクッと外れそうですが… あと少しで外れません

取り外すためにはセンターコンソールを外し、ダッシュボード全体を手前へ少しずらす必要があります。

インフレーターが外れたら組み換えを行います。

既に組み込まれた方が対策品(白いシルシが巻かれています)、右側が古いインフレーターになります。

全ての作業を終えたらテスターによる最終チェックを行い全ての作業完了でございます。

安心してドライブいっぱい楽しんでくださいませ~

ダッジ、クライスラー、Jeep、にお乗りの皆さ〜ん!
スペースファクトリーでは純正テスターであるwiTECH 2を完備しておりますので、修理はもちろん!リコール対策、メーカーより出される改善アップデートなどの作業もお任せ下さい!

 

ダッジ チャージャー リコール対策&アップデート⁉

今日は鮮やかなボディーカラーの 15y ダッジ チャージャーのリコールアップデート作業のご紹介をさせていただきます。

今回は車検整備でご入庫いただき作業させていただきました!

車検点検整備を終え、純正テスターである”wiTECH2”を接続して車両データ等のチェックを行います。

メーカーとオンラインで接続しているので現車の最新のリコール情報や車両の各コンピューターに対する改善情報などが確認できます。

現車のチャージャーにはメーカーよりクルーズコントロールに関する誤作動、不具合に対する改善プログラムがリコールとして出されていました。

対策内容はエンジンコンピューターであるPCMへの改善プログラムアップデートの実施です。

このリコール対象は、2014年~2018年までのチャージャー、300 と 2015年~2018年までのチャレンジャーが対象となります。

早速、PCMに対する対策アップデートを行いました。

合わせて、その他のモジュールに出ていた改善プログラムも行いました。

無事、全てのモジュールが最新の状態になりました。

これで安心してお乗りいただけますね!

作業ご依頼を頂きありがとうございました。

 

ダッジ、クライスラー、Jeep、にお乗りの皆さ〜ん!
スペースファクトリーでは純正テスターであるwiTECH 2を完備しておりますので、修理はもちろん!リコール対策、メーカーより出される改善アップデートなどの作業もお任せ下さい!

GMC ユーコン デナリ 納車整備レポート‼

今日は、先日ご納車させていただきました

2016yGMC ユーコン デナリXLの納車整備作業をご紹介させていただきます。

先ずは、ロードテストを行い車両全体の状態をチェックしていきます。

エンジン、ミッション、ハンドリング等々細かくチェック

リフトアップを行い、ブレーキ廻りの点検整備 !

今回は前後ブレーキローターに荒れが出ていたので研磨、ペイントを行いリフレッシュ作業を行いました。

ブレーキは重要な部分ですからキッチリ整備致します

リフトアップをしないと見えない下回りの油種(デフオイルFr&Rr、トランスファーオイル)も汚れが見られたので交換しました。

長く乗っていただけるように見えないところもしっかりメンテナンスします。 😀

続いてはエンジン冷却水を循環させるウォーターポンプから水漏れの形跡があった為修理を行いました。

早速、NEWウォーターポンプを取り寄せて交換しました。 今回はポンプ本体からのもれでした…

まだ、年式は新しいのですが… 製品不良のようです…

クーラントの補充とエア抜きをしっかり行ったら水漏れ修理完了です!

見落とされがちのエアコンフィルターも交換! 意外と汚れたままのお車が多いです‼

純正テスターによるチェックやリコールの有無もしっかりと確認を行います。

今回はEBCM(エレクトロニックブレーキコントロールモジュール)にリコールが出ていました。

内容としては、モジュールリプログラムによる改善となります。

本国GMサーバーへアクセスし、改善されたプログラムデータを取得し現車へとダウンロードを行います。

リコール対策も無事完了し、全ての作業完了でございます

これからいっぱいドライブ楽しんでくださいませ~ 😀  ありがとうございました 😀

 

シボレー・キャデラック・GMC などのGM系にお乗りの皆さま〜❗️
スペースファクトリーではGM純正テスターであるTECH2(CANdi)やGDS2 (MDI2)を完備!
現行車に対応すべく、最新純正テスターなどを完備し、本国ディーラーと同じサービスをご提供出来る環境を整えております!

納車整備もしっかりと行っておりますので安心してお乗りいただけます

 

12y ダッジ デュランゴ オルタネーターリコール⁉

今日は 12yダッジ デュランゴのリコール作業をご紹介します。

以前、車検整備にてご入庫いただいた際にオルタネーターに対するリコール該当車両と判明。

本国より対策品番のオルタネーターを取り寄せ、部品の入荷に合わせて作業させていただきました。

セーフティーリコールの内容としては、オルタネーターの内部ダイオードの不良によるトラブルが発生するとの事。

最悪の場合、ショートや発火が起こり車両火災が発生してしまいます。

該当オルタネーターによる不具合が多く報告されています。
リコール対象車は早めの対策をお勧めします。

対策品のNEWオルタネーターへと交換を行います。

交換後は純正テスターにてチャージコントロールデータなどのチェックを行います。

問題がないことを確認して、すべての作業完了でございます!

 

作業ご依頼を頂きありがとうございました。

 

今回、作業させて頂いたK様より嬉しい差し入れを頂きました!

ティータイムに美味しくいただきました 😆

お心遣いをいただきありがとうございます。

 

 

15yキャデラック エスカレード  車体振動⁉ミッション不具合⁉

今日は 15y キャデラック エスカレード のミッション不具合修理をご紹介します。

症状は走行中、ある速度域で車体振動が発生するとの事。

早速、ロードテストとスキャナーチェックを行い症状を確認します。

現車は時速50Km付近でアクセルを軽くあてている時に車体振動(ジャダ)が発生する状態でした。

今回の症状に関する情報がメーカーより”Technical ServiceBulletin”(技術改善情報)として出ていました。

作業内容としては、インフォメーションの交換手順に従いミッションオイルを圧送し車体全体のオイルのフラッシュ交換などを行います。  (交換には専用の工具などが必要になります。)

抜けたオイルは年式、走行距離から見てもかなり汚れていました…

交換後はメーカーより約320Km走行しなさい…との事

ロードテスト、油量調整などを行い問題ないことを確認したら残りはお客様にお乗りいただき様子を見ていただくことに。

お車の状態によって症状が改善するケースがあります。

 

シボレー・キャデラックなどのGM系にお乗りの皆さま〜❗️
スペースファクトリーではGM純正テスターであるTECH2(CANdi)やGDS2 (MDI2)を完備!
現行車に対応すべく、最新純正テスターなどを完備し、本国ディーラーと同じサービスをご提供出来る環境を整えておりますにひひ