MENU

Archive

アーカイブ

キャデラック エスカレード 発進時に異音&ショック⁉

今日はキャデラック エスカレードの修理作業をご紹介をさせていただきます。

症状は発進時に異音&ショックがあるとの事でご入庫いただきました。

ロードテストを行い症状を確認すると…

発進時、アクセルを踏み込むと ”ゴン” と音とショックが

その原因はやはりこの辺の年式には多いエンジンマウントの劣化。

もはやマウントとしての機能を果たしていませんでした

早速、部品を取寄せて交換作業を行いました。

先ずはフロントデフASSYを外していきます。

左バンクはサクサクっと交換出来るのですが、右バンクはEXマニホールドを外さなければ抜けません

無事、左右のエンジンマウントを交換出来ました。

外したマウントを見てみるとゴムが完全に切れていました…

 

今回、フロントデフを外したついでに劣化している部分のメンテナンスを

Frデフのマウントブッシュも経年劣化によりガタガタ。

衝撃を吸収できていません。 こちらも交換ですね!

オイル漏れがあったデフのサイドシールもサクっと左右交換!

最後に別件でステアリングシャフトブーツの交換を行いました。

スパイダー部分でパックリ切れていました

これでは砂やごみ、水分の混入により摺動不良やガタを引き起こす可能性が出て来ますからね。

 

ガタの有無等確認しブーツ上下を交換しました!

最後にロードテストを行い、異音とショックの再チェック

はい!しっかりと改善されました これで全ての作業完了でございます!

 

修理ご依頼を頂きありがとうございました。

ハマー H3 チェックランプ点灯⁉ 複数不具合⁉

今日はハマーH3の修理作業をご紹介をさせていただきます。

以前よりチェックランプが点灯していたが、車検もそろそろなので直しておきたいとの事で修理ご依頼を頂きました。

今はチェックランプやABSランプ等が点灯している場合、車検に合格出来ませんからね

テスターを使い故障コードを調べていくと… 複数不具合が発生していました。

先ずはEVAPに関する故障が1件。 点検を進めると

ベントバルブの作動不良が原因でした。

サクサクっと交換後、システムテストを行い無事完了!

続いては水温に関する故障コードが。

エンジン始動後、エンジンコンピューターが一定の時間を過ぎても規定値まで水温が上昇しない場合や時間が長いなどの時にこの故障コードが入力されます。

その原因はサーモスタットの不具合によるものが多く見受けられます。

こちらもサクサクっと交換 外したサーモスタットを確認するとやはり…

クーラント補充とエア抜きを終えたら冷間始動より水温データのチェックを行います

はい、問題ありませんね

 

最後はアイドリング回転に関する故障コードが。

アイドル時のデータを確認するとターゲットとなる回転数と実際の回転数にかなりのズレが。

この故障コードに対してはメーカーインフォメーションも出ていました。

今回はスロットルの清掃、対策を行いました。 汚れもかなりたまっていました

スロットル脱着の際、エアーチャンバーユニットに付いているPCVホースがひび割れ多数で今にも切れそうな状態…

エア吸いを起こすとこちらもアイドル不調などの原因になるのでしっかりと交換しておきました

全てを組み戻したらデータチェック、ロードテストを行い問題がないことを確認します。

バッチリ不具合が全て改善されました

 

修理ご依頼を頂きありがとうございました。

これからもいっぱいドライブ楽しんでくださいませ~

シボレー エクスプレス S様より嬉しい差し入れを頂きました!!

シボレー エクスプレスにお乗りのS様より嬉しい差し入れを頂きました!!

今回はチェックランプ点灯との事で修理させていただきました。

原因はオルタネーターのチャージ不良が原因でした。

無事、修理が終わりご納車させていただきました!

いつもお心遣いをいただきありがとうございます!!

ティータイムに美味しく頂きました

リンカーン ナビゲーター グリルイルミが点灯しない?

今日は現行 リンカーン ナビゲーターの修理作業をご紹介をさせていただきます。

内容はフロントグリルに付いているリンカーンエンブレムのイルミネーションが点灯しないとの事。

診断を進めるとエンブレム本体の不良と判明。

部品の入荷に合わせて交換作業を行いました。

交換にはフロントバンパーASSYを外して組み替えを行います

新しいエンブレムは裏面の形状が変わってますね… 対策品でしょうか…

サクサクっと交換は完了です

交換後は問題なく点灯! 素敵なお顔に戻りました

修理ご依頼を頂きありがとうございました。

ダッジ チャレンジャー オーバーヒート⁉&内外切り替え不良⁉

今日はダッジ チャレンジャーの修理作業をご紹介をさせていただきます。

先ずは水温が異常に高くなったとの事で点検させていただきました。

点検の結果は…

①クーリングファンブレードに破損が見られモーターも重い感じ… 一応コントロールはOK。

②ラジエター本体からの漏れも発生… などなど……

と、言う事でラジエター周りのクーリングライン総メンテを実施させていただきました。

年式的にもメンテ時期でしたね

ラジエター、ホース、クーリングファン&モーターと一式交換させていただきました!

ロードテストを行い、水温、ファン作動データなどをチェック

漏れの点検を行い修理完了でございます!

と言いたい所でしたが、ロードテスト中エアコンの冷えがもう一声欲しい感じ

原因を探ると…

内外切り替え不良により外気導入状態に。

切り替え不良の原因はフラップの軸が根元でぽっきり折れていました

幸い、内外切り替えフラップの部分交換が可能でしたので交換させていただきました。

クーリングケースは外さずに何とか交換

クーリングケースを外すとなるとダッシュボードなどそっくり外さないと取れませんからね

無事、交換作業も終わり内外切り替えもOK!! エアコンの冷えもバッチリ冷え冷えになりました

修理ご依頼を頂きありがとうございました。

 

ご納車の際、オーナーのO様より嬉しいお土産を頂きました

仙台銘菓の萩の月 お心遣いをいただきありがとうございます。