MENU

Archive

アーカイブ

シルバラード&シエラ トノカバー取付~フリップ式 or シャッター式どちらが好み⁉

今日はシボレー シルバラードとGMC シエラのトノカバー取付をご紹介をさせていただきます。

今回はシルバラードにフリップ式を! シエラにはシャッター式のトノカバーをお取り付けさせていただきました!

先ずは先日ご納車させていただきました現行のシルバラードから

かなりワイルドな顔つきで素敵ですね~

それではトノカバーの取付開始です

今回は分割で折りたためるタイプのトノカバーです!

メーカーは BAKFLIP社製を!! クオリティーもバッチリなメーカーですね

取付部品点数もそれほど多くはありませんでした。

荷台の左右にガイドレールやモール、水抜きパイプなどを取り付けます!

後は折りたたみカバーを取り付ければあっという間に完成です

見た目もスッキリでピックアップの雰囲気を壊さずいい感じです!

カバーも三段階で開閉出来るので”ハードトノカバー”と違い、荷物によって色々な使い方が出来ますね

続いては納車整備中のGMCシエラにシャッター式トノカバーをお取り付け!!

シエラもかなりワイルドフェイスになりましたね~

今回お取り付けしたシャッター式トノカバーはスペースではお馴染みの ROLL”N”LOCK 製を!!

信頼とクオリティーがいいので安心です

フリップ式に比べると部品点数は少し多いですがそれほど取付は難しくありません!

先ずはシャッターBOXと左右のガイドレールを取付、位置出しを行います。

シャッターBOX内に溜まった雨水を排出するドレーンホースを取り付けます。

これで取付は完成~です

シャッターの開閉も3段階でロックがあるので用途に合わせて開け閉めが出来ますね

↓こちらが全開時とフルクローズ時です!

フリップ式と同様にピックアップトラックの雰囲気を壊さずいい感じです!

ちなみにこちらのGMCシエラのテールゲート、二分割で開閉するようになっているのですが実はこれステップになるんです  すごいですね~

やっぱりアメリカ人も荷台への乗り降り大変だったんですかね~

微妙~な進化をとげておりました

作業ご依頼を頂きありがとうございました。

これからいっぱいトラックライフ楽しんでくださいませ~

2021y TOYOT TUNDRA カスタム! オーバーフェンダー&シャッタートノカバーお取り付け! 

GW期間中、お休みを頂きご迷惑をおかけしましたが スペースファクトリーはバリバリ営業開始しております

さて、GW明け 最初のブログは先日 ご納車させていただきました 21yTOYOTA タンドラのカスタム作業のご紹介をさせていただきます。

先ずはトノカバーのお取り付けから!!

スペースでは何台もお取り付けしている”ROOL・N・LOCK”製のシャッター式トノカバーのお取り付け!!  製品クオリティーもいいので取付もサクサクです

先ずは荷台に付いているフックレールなどを外していきます。 これがあると付きません!

次にシャッターカバ―が収められているBOXを荷台に乗せガイドレールなどを取り付けていきます。

するとあっという間にお取り付け完了です!

(本当はドレンホースの穴あけやテールゲートにエンドロックのバー取付など細かな作業も色々あります

細かな微調整を行って取付完了です!

これで荷台内が雨などで汚れるのを防ぎ、鍵付きなので防犯面もバッチリ安心ですね

最後に“Bushwacker”製のオーバーフェンダーをお取り付けさせていただきました!!

こちらも製品クオリティーがよく信頼性のあるブランドですね

取付も慣れてしまえばサクサクっと終わります!

ワイドフェンダーが付くと印象がガラッと変わりワイルドになりますね!

車幅寸法もしっかり変更を行ったので車検時もバッチリ問題ありません

作業ご依頼を頂きありがとうございました。

これからいっぱいタンドライフ楽しんでくださいませ~

本日も沢山のお客様にご来店いただきました!!

本日も沢山のお客様にご来店いただきました! ありがとうございます

 

TOYOTA セコイヤにお乗りのH様は車検整備完了でご来店いただきました!

今回は色々とメンテナンスをさせていただきました! 後日、ブログにてご紹介をさせていただきます。

ご来店の際に嬉しいお土産を頂きました! お心遣いをいただきありがとうございます。

 

 

ダッジ マグナムにお乗りのN様は納車待ちのダッジ チャージャー392の打ち合わせでご来店いただきました!

現在、急ピッチで作業しておりますのでもう少々お待ちくださいませ

ご来店の際、素敵なケーキを頂きました」

早速ですがティータイムにいただいちゃいました!

とても美味しかったです お心遣いをいただきありがとうございます。

10y ダッジ チャレンジャー エアバックのリコール作業⁉

今日は、先日ご納車させていただきました

10y ダッジ チャレンジャーの納車整備のリコール対策作業をご紹介をさせていただきます。

スペースファクトリーでは納車整備の際、車体の整備はもちろんしっかりと行いますが

本国で出されているリコール作業もしっかりと行いご納車させていただきます

ちなみに本国ではリコールとして届けられていても並行輸入車の場合は 国土交通省からリコールとしての発表はありません…

現車にはドライバー&パッセンジャーのエアバックに関するリコールが出ていました。

そうです、あのタカタ製のエアバックの件です。

長い期間、湿度や湿気にさらされた場合インフレーターが異常破裂の危険性があるとの事

作業内容としては各エアバックインフレーターの交換作業となります。

 

先ずはドライバー側から!

ハンドル中央のホーンパッドを外し、内側に組み込まれているインフレーターASSYを対策部品へと組み換えを行います。

対策品は一目で分かるようにラベルとカプラー差し込み位置が変更されていますね。

次はパッセンジャーサイドのインフレーターの交換を!

グローブボックスを外して覗けば見える位置にあるのでサクッと外れそうですが… あと少しで外れません

取り外すためにはセンターコンソールを外し、ダッシュボード全体を手前へ少しずらす必要があります。

インフレーターが外れたら組み換えを行います。

既に組み込まれた方が対策品(白いシルシが巻かれています)、右側が古いインフレーターになります。

全ての作業を終えたらテスターによる最終チェックを行い全ての作業完了でございます。

安心してドライブいっぱい楽しんでくださいませ~

ダッジ、クライスラー、Jeep、にお乗りの皆さ〜ん!
スペースファクトリーでは純正テスターであるwiTECH 2を完備しておりますので、修理はもちろん!リコール対策、メーカーより出される改善アップデートなどの作業もお任せ下さい!

 

20y シボレー コルベット C8 スマートキーの追加⁉

今日は新型シボレー コルベット C8 のスマートキーの追加作業のご紹介をさせていただきます。

日本では恐らく初めての作業⁈では…

本国よりNEWキーを取り寄せて登録作業開始です。

キーの登録にはGMメーカーサーバーにオンライン接続を行いイモビライザーデータの学習等の手続きを行う必要があります。

 

指定された手順の作業を行いキーを追加していきます。

無事、スマートキーの追加も完了!

エンジン始動やドアロックスイッチ等の作動のチェックをしたら作業完了でございます!

 

シボレー・キャデラックなどのGM系にお乗りの皆さま〜❗️
スペースファクトリーではGM純正テスターであるTECH2(CAN di)やGDS2 (MDI2)を完備!
現行車に対応すべく、最新純正テスターなどを完備し、本国ディーラーと同じサービスをご提供出来る環境を整えておりますにひひ