MENU

Article

記事詳細

ダッジ ラムバン チェックランプ点灯&足回り異音⁉

 

夏季休暇にてご迷惑をおかけしましたが、

本日よりスペースファクトリー元気に営業開始しております!!

さて、休み明け最初のブログはダッジ ラムバンのチェックランプ点灯修理&足回りの修理作業をご紹介させていただきます。

先ずはチェックランプ点灯の修理作業から!

テスターにて故障コードを確認すると数バンクのミスファイヤーの故障コードがありました。

症状を確認する為、ロードテストを行うとミスファイヤーとは別件でエンジンが吹けない…加速が悪い…

ミスファイヤーの件と合わせて点検を進めると…

吹けない原因はこのキャタライザーに原因がありました。

内部破損により一部が排気口をふさぎ、排ガスがスムーズに抜けない状態でした。

排ガスが抜けなければいくらアクセルを踏んでもエンジンは吹けず加速もしません。

今回は社外製タライザーにて交換作業を行いました。

続いて、ミスファイヤーの原因であった点火廻りの総合メンテナンスを!

先に交換作業を行ったキャタライザーですが、経年劣化による破損も考えられますがミスファイヤーが原因で内部構造にダメージを与えて破損を起こした可能性も考えられます。

再発防止の為にもしっかりとメンテナンスを行います。

続いて、ロードテストを行った際に足回りから何やら危険なバキゴキとの異音が

安心安全の為にも点検作業を行いました。

異音の原因①はフロントアッパー&ロアボールジョイントにかなり大きなガタがありました

段差などでバウンドした際、いつ抜けてもおかしくない状態でした。

大事になる前に発見出来て良かったです。

早速、上下左右のボールジョイントの交換を行いました。

続いて異音原因②のステアリングリンケージ廻りのメンテナンスを!

ハンドルを切るとゴキと異音が…

原因はステアリンクリレーロッドとタイロッドエンドのガタによるもの…

どちらも危険なガタがあり、ハンドルを切るとボールジョイント内部が痩せている為にゴキゴキと音が出ていました。

足回りの修理を終えたら、サイドスリップ等の調整を行い全ての作業完了でございます。

今回はチェックランプ点灯でご入庫いただきましたが、その他の危険な不具合を発見出来て良かったです。

修理ご依頼を頂きありがとうございました。

 

アメ車にお乗りのみなさーん!!

しっかりとした定期点検受けていますかー⁉

他店で購入されたお客様でも、乗ってる車は大丈夫かな~ 😥

など心配でしたらアメ車専門店であるスペースファクトリーにお任せください!!

安心安全にお乗りいただけるように点検、アドバイスさせて頂きます!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です