MENU

Article

記事詳細

シボレー カマロSS オイルパンからのオイル漏れ⁉

今日は 2017yシボレー カマロのオイル漏れ修理作業をご紹介をさせていただきます。

車検整備の為、点検をさせていただくとオイルパン周りがマル濡れ雫の状態に…

漏れヶ所を確認するとやはりオイルパン合わせ面のシール不良のようです。

早速、オイルパン脱着に必要なパーツを手配しオイル漏れ修理開始です!

オイルパン取外しの邪魔になるフロントサスペンションフレームなどを取外して行きます。

サスペンションフレーム脱着に伴いエンジンホルダーを使いエンジンを上部で一時的に吊り上げておきます。

何とかオイルパンの取外しが出来ました!

すんなりとは行きませんね~

漏れが発生していたオイルパンは綺麗に清掃

各部、合わさり面の歪みなどのチェックを行いました。 OKですね。

この年式はオイルパンガスケットは無くシーリングにて組付けを行います。

Оリングガスケットは数か所ありこちらは交換です

綺麗に1周シーリングを行い組み戻します 失敗は許されません

全ての組み戻し作業を終えたらロードテストと漏れの点検を繰り返し、確実に漏れがない事を確認したら全ての作業は無事完了でございます

作業ご依頼を頂きありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です