MENU

Article

記事詳細

ダッジ チャレンジャー エンジン始動不良⁉×2⁉

今日はダッジ チャレンジャーの修理作業をご紹介をさせていただきます。

エンジンがかからないとの事でご入庫いただきました。

症状を確認するとクランキングはするものの、セルモーターの回りが非常に遅い感じ…

バッテリー電圧等を調べるも問題は無し。 エンジン本体の不具合も無い様子。

やはり原因はセルモーター本体でした。

外したセルモーターを直接回してみるも元気がありません

サクサクっと交換を行いクランキングすると元気よく一発始動

無事、修理完了~と思いきや…

お預かり中に車両移動をしていると突然エンジンストール!!

今度はクランキングは元気がいいものエンジンがかかりません

再度、エンジン始動不良の原因を調べると今度は燃料ポンプがギブアップしていました。

入庫時とは別件で故障が発生!! お預かり中で良かったのか…複雑ですが…

早速、お客様にご連絡し追加で燃料ポンプの交換作業を実施させていただきました。

リアシートを外したら、座面左右に燃料ポンプがあります。

サクサクっとメイン及びサブ燃料ポンプモジュールを交換

合わせて燃料ポンプリレーなどもセットで交換します。

こちらも無事エンジン始動OK

ロードテストや始動テスト等を繰り返し症状が改善している事を確認

問題がないことを確認して全ての作業完了でございます。

修理ご依頼を頂きありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です