MENU

Article

記事詳細

シボレー トレイルブレーザー チェックランプ点灯⁉ ミスファイヤー⁉

今日はシボレー トレイルブレーザーの修理作業をご紹介をさせていただきます。

チェックランプが点灯し、エンジンもブルブルするとの事で業者様より修理ご依頼いただきました。

純正テスターを使い故障コードを確認するとエンジンのミスファイヤーに関するコードが

ミスファイヤーデータを確認するとNO2が常時 失火状態

失火原因はエンジン本体やプラグ、コイルなど色々な原因が考えられますが…

今回はイグニッションコイルが原因でした。

見ての通りサビサビ… 交換歴は無いようですね。

早速、NEWコイルに交換して組み戻します。

エンジン始動後はミスファイヤーも無く安定したアイドリングになりました。

その他のバンクも似たような状態の為、本来であれば点火系セット交換が望ましいです…

今回はピンポイント修理となりました。

修理ご依頼を頂きありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です