MENU

Article

記事詳細

ダッジ チャレンジャー  パワーウィンードーが遅い⁉

今日はダッジチャレンジャーのパワーウィンドーの修理作業をご紹介をさせていただきます。

今回は壊れた訳ではないのですがパワーウィンドーの上がりがとても遅いとの事で作業させていただきました! (ドライバー&パッセンジャー両方です)

点検すると確かに遅い…なんか重~い感じです

年式的にもモーターの劣化、レギュレータの摺動が悪いようなので交換で進めさせていただきました。

では早速交換作業開始です

今回はモーター&レギュレータ―のセット交換です。もちろん純正部品にて交換です!

社外品も安く出ていますがやはり値段相応な場合が多いです… すぐにダメになる事も…

今回のご依頼はスピードがポイントなのでしっかりとした物を使用します

 

内張りを外してモーター&レギュレータをそっくり外していきます。

と、その前にガラスをそっくり外していきます。 割れないように慎重に

ここが一番気を使いますね

後はNEWパーツへと交換してガラスも組み戻します。

交換後はポジションのキャリブレーションを行い各作動のチェック

パワーウィンドーの動き、速さもバッチリです。

オーナーのO様にもとても喜んでいただけホットしました

作業ご依頼を頂きありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です