MENU

Article

記事詳細

シボレー コルベットC8 ブレーキオイル不具合⁉

今日はシボレーコルベットC8の修理作業をご紹介をさせていただきます。

業者様よりブレーキキャリパーをリペイントの為、脱着したところブレーキオイルのエア抜きが出来ないとの事でご依頼いただきました。

メーター内にはブレーキシステムに関するワーニングメッセージも表示されていました。

早速、純正テスターにて故障コードを確認するとブレーキに関する故障コードが。

サービスマニュアルを参照して不具合内容を確認していきます。

やはり故障コードが入る原因はブレーキラインに混入しているエアーが適切に抜けていない事が原因のようです。

現車のブレーキオイルはブレーキペダルのポンピングではエアーが抜けません。

ブレーキラインを加圧する専用工具や純正テスターにてブリーディング等を行いエア抜きを行いました!

全ての作業を終えるとブレーキペダルの踏みごたえも正常に戻りメーター内のワーニングメッセージも解消されました

勿論、故障コードもクリアになりました。

作業ご依頼を頂きありがとうございました。

スペースファクトリーではUS最新モデルのお車にも対応出来るよう、最新純正テスターやサービスマニュアル等を完備し、本国ディーラーと同じサービスをご提供出来る環境を整えておりますにひひ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です