MENU

Article

記事詳細

現行 リンカーン ナビゲーター フロントガラス交換&キャリブレーション⁉

今日は現行リンカーン ナビゲーターの修理作業のご紹介をさせていただきます。

フロントガラス破損によるガラス交換に伴い、各センサーのキャリブレーションや点検作業を行いました!

今回は自社販売車と言う事で出張修理させていただきました!場所はなんと沖縄です

フロントガラスは予め現地のガラスリペア業者様に交換作業を実施して頂き、残るは各センサーチェックとキャリブレーション作業の実施をするのみの状態に

FORD&リンカーン 純正診断機である”FDRS”を使用して早速点検開始です!

ガラス脱着時に着脱したセンサー類が正常に機能しているかチェックを行います。

次にレーンキープシステムなどに使用される”IPMAモジュール”と言われるフロントガラスに付いているカメラモジュールのキャリブレーションを行いました!

ロードテストにてレーンキープシステムや ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)などの作動テストを行い問題がないことを確認して全ての作業完了でございます

最近の自動車は、安全装備とならんで運転支援装備が充実しているお車がふえています。

それに伴いこれらに関わるセンサーやカメラと言った重要な部品が備わっています。

そのため正しい整備手順や整備作業が求められてきます。

スペースファクトリーではご納車後も安心してお乗りのいただける様にメンテナンスはもちろん

故障やトラブルに対応出来るように万全の体制、設備を整えております

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です