MENU

Article

記事詳細

キャデラック エスカレード エンジンオイル漏れ修理⁉

今日はキャデラック エスカレードのエンジンオイル漏れの修理作業をご紹介をさせていただきます。

この辺りのエスカレード、サバーバン、タホでは漏れているお車が多く見受けられるポイントです

スペースファクトリーでも何台のお車を修理したでしょうか…

漏れのヶ所によってはオイルパンガスッケットの交換で済むお車もございますが、今回のお車はエンジンのリアクランクシール周りからの漏れも確認されました…

こちらの修理作業にはトランスミッションの脱着が必要となります。

トランスミッションを外し、フライホイールを外せばリアクランクシールが見えてきます。

今回はハウジング周りにも滲みが見受けられたのでハウジングASSYでの交換となりました。

オイルパンガスッケットとリアクランクシールハウジングを交換して組み戻して行きます!

各部 規定トルクで締め付けていきます

全てを組み戻したら、各油種の補充やロードテストを行い問題がないことを確認

最後にオイル漏れの再チェックを行い全ての作業完了でございます!!

 

修理作業のご依頼を頂きありがとうございました。

オーナーのA様よりご納車の際、素敵なお土産を頂きました!

お心遣いをいただきありがとうございます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です