MENU

Article

記事詳細

08y クライスラー 300 エンジンかからず⁉

今日は 08y クライスラー 300の修理作業をご紹介させていただきます。

症状はキーを挿入し、回すもセルモーターが回らない…そもそもメーターインジケーターも立ち上がらない…との事でレッカーにてご入庫いただきました。

早速、症状を確認して診断作業を行います。

純正テスターを使い故障コードやデータのチェックから

キーはON位置へ回るも、車体側がキーの識別を認識出来ていない状態… これではエンジンはかかりません

現車のキー及び受け側である”WINモジュール”を確認するとグラツキ、遊びが発生している状態

キー&WINモジュール NG

これによりWINモジュールが内部ダメージを受け、キー識別、ポジションを正しく認識できない状態が発生していました。

メーカーはこの件に関して対策部品への交換をリコールとして出しています。

早速、本国より対策部品を手配して交換作業を行いました。

キー&WINモジュールのセット交換になります。

交換後は純正テスター(wiTech2)を使用して、現車に対して同期させる為のプログラム作業等が必要になります。

プログラムの際、”PINコード”と呼ばれる現車固有のセキュリティーコードが必要となります。

全てのプログラム等の作業が完了‼

無事、エンジン始動!! 不具合が解消されました!

 

ダッジ、クライスラー、Jeep、にお乗りの皆さ〜ん!
スペースファクトリーでは純正テスターであるwiTECH 2を完備しておりますので、修理はもちろん! スペアキーの追加作業やリコール対策、メーカーより出される改善アップデートなどの作業もお任せ下さい!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です