MENU

Article

記事詳細

シフトが抜けない⁉エンジンかからず⁉ 原因は…

今日はシボレー トレイルブレーザーとハマー H2の修理作業をご紹介させていただきます。

先ずはトレイルブレーザーから!

症状は、キーONになるもののクランキングせずエンジンがかかりません。との事…

レッカーにてご入庫いただきました。

早速、お車の状態を確認すると、メータ内のシフトインジケーターを見ると[D]レンジ表示…

シフトレバーも外れた様にスカスカ… [Ð]レンジから変わらない状態でした。

原因はやはり シフトケーブルエンド 破損によるケーブルの外れ

今回は、「Ð」レンジでケーブルが外れた為にエンジンがかからない状態でした。

(AT車の場合「P/N」レンジ以外は安全の為、エンジンはかかりません。)

早速、シフトケーブルASSYを交換します。

トレイルブレーザーのケーブルはフロアカーペット内に潜っている為、シートやセンターコンソールを外さなければなりません。 少々手間がかかります…

交換が終わり、無事エンジン始動もOKです!

 

続いてこちらの ハマー H2は車検整備でご入庫いただき 点検作業を行うと…

上記でご紹介させていただいたトレイルブレーザーと同じ症状になる一歩手前の状態でした。

ミッション側のケーブルロック部分であるカラーが割れて、いつ外れてもおかしくない状態

点検作業時に発見出来て良かったです。

こちらのハマーもシフトケーブルを交換させて頂きました!

こちらはシフトカバーを外してサクサクっと交換出来ました!

早期発見、早期治療が出来ました 😀

修理作業をご依頼いただきありがとうございました。

 

各車両のウィークポイントをしっかり点検する事で、故障発生を未然に防ぐ事が出来ます。

車検、点検もスペースファクトリーにお任せ下さい‼

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です