MENU

Article

記事詳細

キャデラック エスカレード エアコン効かず⁉ 

今日は、15yキャデラックエスカレードのエアコンが効かない‼  との事で修理ご依頼をいただきました。

先ずは作動状態を確認していきます。

風は出るものの外気温と変わらぬ温度… コンプレッサーも入らない状態…

エアコンガス圧をチェックするとほぼ抜けている状態でした。 何処からかリークしているようです。

ガスリークを特定する為に蛍光剤(UVライトにて発光して目視ができます)を注入して漏れ箇所をみつけだします。

しばらくエアコンを作動させておくと…

ありましたコンデンサーに漏れ箇所を発見しました。

早速、部品を取り寄せて交換作業を行いました。

取り外したコンデンサーを見てみると、やはりコンデンサーのサイドタンク接合部からリークが発生していました。

過去、同年式のエスカレード、タホも同様の漏れが発生していました。 ウィークポイント⁉ 製品の欠陥⁈では… 🙁

交換が終わったら真空引きと気密テストを行い、規定量のガスチャージを行います。

新しく導入した SNAP-ON・2ガス対応 エアコンサービスステーションを使い正確な量のガスをチャージしていきます。

ガスチャージが終わったらキンキンに冷えることを確認し全ての作業完了となります。

これで夏の準備はOKですね! 作業ご依頼を頂きありがとうございました。

 

今回導入したエアコンサービスステーションは1台で従来のR134aガスと新冷媒R1234yfガスのどちらにも対応出来ます。
現行のお車の多くが新冷媒のR1234yfへと移行しております。

スペースファクトリ-では、新冷媒モデルにも対応出来るよう環境を整えております。

また、今回導入したエアコンサービスステーションはお車の冷媒ガスが規定値に対しどの位の量が入っているのかが正確にわかります。

新車の車であっても規定量より少ないとの情報も…

規定量を正確に補充出来るのでエアコン機能を本来のパワーで引き出すことが可能です。

気になる方は1度点検お勧めします ご相談おまちしております。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です